人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山中温泉のてんこもり choraku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

北陸山中温泉のネタをだらだらとアップしてます。どうぞよろしくお願いします。


by choraku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前こんな記事を書きました↓

アイス天国と言われた石川県で、いち早く『山中温泉アイスストリート』を始めた我々に
最強の敵『白山じわもんソフト』が現れたって記事を書きました。

その『白山じわもんソフト』が、7月1日~8月31日の2か月間、
「ひんや~り白山 じわもんソフトスタンプラリー」というイベントを開催中との情報を入手。
これは気になる・・・
と、いう事で、敵陣に乗り込む覚悟で白山市へ行ってきました。
白山でソフトクリーム三昧の巻_a0041925_19531458.jpg

この「じわもんソフトスタンプラリー」は、
期間中に3店舗回ってスタンプをゲット、スタンプ台紙に氏名など必要事項を記入の上、抽選箱に投函すると
抽選で市内産の梨、もしくはじわもんソフト無料券が当たるイベントです。

白山でソフトクリーム三昧の巻_a0041925_19531161.jpg
くわしくはこちらをどうぞ↓

白山じわもんソフトスタンプラリーは、
個店の他、道の駅やイオンモール白山なども網羅されているので、参加しやすいと思います。

↓こちらは、イオンモール白山内の『白山はちみつソフト』
県内の超有名な養蜂場の直営店だけあって、なんと蜂蜜かけ放題。
めちゃくちゃテンション上がります。
白山でソフトクリーム三昧の巻_a0041925_19531605.jpg

ご興味のある方はぜひ、回ってみてください。
しかし、前回ブログで紹介した時はまだ17種類だったのが、すでに22種類に増えとる・・・ビックリです
白山でソフトクリーム三昧の巻_a0041925_20180330.png

# by choraku | 2022-07-27 20:39 | 散策


山中節の起源について、広く定説になっている北前船説。
山中芸妓組合のサイトを引用すると、
『日本三大民謡のひとつと数えられる「山中節」は、元禄の頃から唄われ始めたと伝えられています。
日本海を往来した加賀の北前船の船頭さんが、習いおぼえた北海道の松前追分や江差追分をお湯に浸かって口ずさみ
それを聞いた浴衣べが、山中なまりで真似たのが「山中節」の始まりと言われています。』

↓山中温泉の中心 菊の湯の横に、『山中節発祥之地』の碑が建っています。
あまり目立たないので、気付かない方もいるのでは?
今日の山中節 一枚の絵を探してみた その1_a0041925_20401824.jpg

『今日の山中節』は、その浴衣べが描かれた日本画についてです。

手元に、大正3年に発刊された『文部省第八回 美術展覧会図録 日本画之部』があります。
ちなみに、文部省美術展覧会とは、現在の日展の前身で明治40年に創設された文部省主催の総合的な美術展覧会です。
この書には、大正3年に開催された第八回美術展覧会 日本画の部に出品された作品が掲載されています。

今日の山中節 一枚の絵を探してみた その1_a0041925_20402077.jpg

実はこの展示会には、山中温泉出身の日本画家 広田百豊の作品『山中の湯』も出品されており、
山中節の一節
♪ゆかた肩にかけ 戸板にもたれ 足で呂の字を書くわいな
歌詞の世界観そのままに、菊の湯の入口で浴衣を肩にかけて浴客を待つ少女(べ)の姿が生き生きと描かれています。

今日の山中節 一枚の絵を探してみた その1_a0041925_20402390.jpg

と、いう事で、この話はもう少し続きます。


# by choraku | 2022-07-26 21:03 | 今日の山中節

今日は国際的なお客様がご来店。
台湾からの留学生が山中温泉アイスストリートを食べ歩きしてくれました。

台湾出身で加賀市在住、台湾と加賀市の新しい流れをつくりたいと奮闘している王さん(↓写真、後列右の方です)が、
台湾教育部(日本でいうところの文科省です)のプロジェクトで台湾の留学生を招聘。
街づくりプロジェクトの一環で、山中温泉を散策しながらアイスストリートを楽しみました。

↓菊の湯アイスキャンディを持ってみんなで記念撮影。
台湾からのお客様、アイスを食べ歩くの巻_a0041925_21540189.jpg

↓私が女子大生に囲まれLINE交換をしている光景など、以後見る事もないだろうと、コーディネータ―の鈴木Y氏が爆笑しながら隠し撮り。
確かに、二度と無いと思います。
台湾からのお客様、アイスを食べ歩くの巻_a0041925_21521871.jpg

終息の見えないコロナ禍で、訪日外国人旅行の本格的な迎え入れはまだまだ先。
それでも、少しづつこのような形で、交流が再開するのは嬉しい限りです。

ちなみに、意外と知られていませんが、加賀市と台湾はとても近い関係にあるんです。
2014年に台南市と友好都市に、
同じく高雄市と観光交流協定、高雄市鼓山区と友好交流協定、
さらに、2016年には桃園市と友好都市協定と、4件も締結しています。

そういえば、台湾には『台湾かき氷』がありますね。
台湾でアイスを食べ歩きたいと思う次第です。

# by choraku | 2022-07-25 22:52 | 山中温泉

お知らせを3つほど やりまーす。

① 22日から始まります
いっぱい食べよう!いしかわのお米キャンペーンが、7月22日から始まります。
↓PRキャラクターには川井姉妹
お知らせを3つほど・・・_a0041925_21395133.jpg
石川県産のお米を食べると能登牛や加能ガニなど石川県の美味しいものが抽選で当たるキャンペーンです。
参加方法は以下の2つ
①石川県産のお米を買ってハガキで応募
②キャンペーン参加飲食店で、石川県産のお米使用のメニューを食べてデジタルスタンプを貯めて応募

長樂のお米は加賀市産を使用していますので、もちろんこのキャンペーンに参加しております。
参加は簡単です。
店内にキャンペーン用のQRコードが設置されております。それをスマホで読み込むと、
自動的に専用WEBサイトに遷移、案内に従って進むとデジタルスタンプがゲットできます。
スタンプが2つでB賞に応募できます。(天然フグセット、志賀この柿、日本酒、五郎島金時など)
スタンプが3つでA賞に応募できます。(能登牛、加能ガニ)

ぜひ、炒飯食べて能登牛をゲットしてください。

開催期間 7月22日(金)~1月31日(火)


続きまして
② 24日開催です。
大聖寺の菅生石部神社境内にて『しあわせ市場』が開催されます。
11時~19時まで
お知らせを3つほど・・・_a0041925_21395424.jpg
24日、25日、26日は天神講が行われます。
これに関しましては、ムラタフォトスさんのブログの方が詳しく書かれていますので、そちらをどうぞ↓
大聖寺藩祭「天神講」としあわせ市場に参りましょうぞ! : 酎ハイとわたし (exblog.jp)


続きまして
③ こちらは25日までです。

山中スタンプ会の人気企画
『夏もやっぱりウキウキセール』ですが、25日までです。
満点カードをお持ちの方はお早めに
お知らせを3つほど・・・_a0041925_21395797.jpg

それと、昔のスタンプが年内で使えなくなります。
急いでタンスの中を探してください。
お知らせを3つほど・・・_a0041925_21395942.jpg




# by choraku | 2022-07-19 22:17 | お知らせ

読売新聞の日曜版には、『旅を旅して』と題して紀行文や小説、映画などの舞台になったゆかりの場所を
記者さんがたどる連載記事があるんです。
それで、17日(日)付の読売新聞の『旅を旅して』は山中温泉でした。

今日の読売新聞で・・・の巻_a0041925_22001306.jpg

時代小説家 山本周五郎が1963年に発表した長編小説『虚空遍歴』
江戸時代、主人公の中藤冲也が芸に苦悩しながら旅をする話なんですが(すいません。かなり端折ってます)
道中、山中温泉を訪れ、旅館『よしのや』に泊まって、地元の芸妓菊五郎の山中節に出会う場面があるんです。
それを元に、記者さんが実際に山中温泉を訪れ、関係者からの取材をまとめて記事が書かれています。

今日の読売新聞で・・・の巻_a0041925_22001535.jpg

実は、この記事の最後に、山中温泉アイスストリートと長樂のラー油アイスも紹介していただきました。
山本周五郎『虚空遍歴』の記事の後なので、落差が凄いです。

ちなみに、この記事と合わせて、読売新聞オンラインでは動画も見れます。
改めて山中温泉を動画で見ると、ほんとにいいところだな~と思います。

読売新聞さんありがとうございました。


↓こちらは、新聞の題材になった山本周五郎『虚空遍歴』。
作中に出てくる芸妓菊五郎さんと山中節ついては、あらためてブログに書いてみたいと思います。
今日の読売新聞で・・・の巻_a0041925_22001001.jpg

それにしても世の中便利になったもんです。
この『虚空遍歴』の朗読がYouTubeにアップされていました。
なんせ長編小説ですから、朗読もめちゃくちゃ長いです。
前編、中編、後編とあるんですが、
前編は8時間35分
中編は8時間24分
後編は7時間3分

さすがにこれでは山中温泉の場面がどこに出てくるかわかりません。
という事で・・・
後編の38分9秒 「十三の四」あたりから、山中温泉に向かう主人公冲也の話が出てきます。
ご興味のある方はぜひ


# by choraku | 2022-07-17 22:59 | 山中温泉